iCas

iCas

有機農業、どんどん、盛り上がっています

【有機農業、どんどん、盛り上がっています】
スーパーさんがかなり本気で取り組みだしています。
これは、有機農業界にとって、かなり大きなこと。


でも、注意しないといけないのは、
だからこそ、キレイで美味しい野菜をお届けしていきたいってこと。
期待が大きいほど、大変ww

私たち”いかす”では、
・開墾1作目のキャベツがオーガニックエコフェスタでノミネート(準優勝?!)
・開墾2作目のカブがオーガニックエコフェスタで日本一!
・今年も、オーガニックエコフェスタで!!!近々発表予定!
のように、「質」の高い有機野菜を開墾からすぐに実現しています。

それから、
・開墾1作目の玉ねぎで反収4トン、2作目反収6トン。
・開墾3作目の露地ミニトマトが反収5トン。4作目の雨だらけの2021年夏も5トン弱!
と、「量」の多い有機野菜の栽培を実現しています。
ちなみに、めちゃ美味しいです。

有機農業は拡大していきます。
でも、そこには、いくつかの壁があります。
そもそもの農業技術。
そして、堆肥など資材の高騰です。

いかすでは、もちろん”堆肥”も使っていますが、
メインでは緑肥を活かしています。
そして、土ごと発酵させています。
結果、堆肥の使用量は年々減ってきています。

この技術は、日本だけでなく、世界中どこでも、そして、誰でもできます。
そんな農業技術を一緒に学びませんか?
平塚に通える方は「総合コース」で。
通えない方は「オンラインコース」で。
農業は、ともに学ぶ仲間がいてこそ、みんなでシェアしてこそ、学びが深まります。

無料説明会に参加するだけで、目から鱗なはずです。
今期の説明会はラスト2回です。
ご一緒しましょう。
2月20日(日)13時~15時@いかす平塚農場
2月22日(火)19時半~21時半@オンライン
続々と仲間が増えています。
サステナブル・アグリカルチャー・スクールの詳細・お申込みはこちらから!
https://www.icas.jp.net/farm/


“be organic.”な世界、
共に創りましょう。

お問い合わせ