iCas

iCas

あなたの手で、日本の農業の未来を創る。

オンラインコースも開講

未来を創る新しい農業を学ぶ

サステナブル・アグリカルチャー・スクール

美味しくて、きれい、もちろん安全で、しかも栄養豊富なオーガニック野菜を、安定的に多収量で生産できる「知識と技術」を学びませんか?
人にも地球にも優しい農業を一緒に広げましょう。

説明会に申し込む

2021年3月スタート入学生募集中!

総合コース6期・オンラインコース1期

まずはお気軽に体験説明会にご参加ください

【体験説明会】湘南平塚

日時
  • 12/6
  • 1/10
  • 2/7
時間

12:30〜16:30

【オンライン説明会】zoom

日時
  • 12/13
  • 1/17
  • 2/21
時間

12:30〜14:30

湘南の畑で、オンラインで、
本質的な知識と技術を学び、
地球・未来・仲間とつながる

農業を仕事にしたい。オーガニックで美味しくて安全な食を届けたい。

そう志していたのに、諦めてしまう人をたくさん見てきました。
不安定な収入、長時間労働による疲弊、相談できる人がいない環境、など、
新規就農者の悩みの多くは、知識と技術、そしてつながりの不足に起因しています。

自然栽培や有機農業について、
体系的かつ包括的に学ぶ機会が圧倒的に少ない日本の現状を打破したい。
そんな想いで、サステナブル・アグリカルチャー・スクールを開校しました。

本スクールは、私たちがこれまで培ってきた農業に関する知識と技術を伝え、
共に未来の農業を創造する学び場です。

東京から約1時間、アクセスのいい湘南平塚の畑で、
週末、四季折々に経験を積み、人にも地球にも優しい農業を学ぶ。
遠方で通学が困難な方は、オンラインでの受講も可能です。

あなたの未来、日本の未来、地球の未来を創る、そんな取り組みを、ここから始めてみませんか?

株式会社いかす/アースケアテイカー

内田 達也( Tastuya Uchida )

2021年3月開講クラス概要

総合コース 6期

圃場での実習(1年間)オンラインによる講義(6ヶ月)

時間

168時間…圃場実習 22日×6時間+オンライン講義 6日×6時間

定員

15名

入学金

30,000円

受講料

398,000円

動画視聴

圃場実習+オンライン講義

キャンパス

いかす平塚圃場/平塚駅からバス17分・バス停から徒歩4分

日程

圃場実習とオンライン講義(下記詳細)

備考

2021年9月期スタートのクラス(7期)の講義にも、
追加費用なく参加可能。復習・欠席時補講でご利用ください。

オンラインコース 1期

オンラインによる講義(6ヶ月)
  • ※オンライン講義は総合コースと同じ
  • ※総合コースの実習動画が視聴可

時間

45時間…オンライン講義 6日×6時間+オンライン実践 6日×1.5時間

定員

20名

入学金

10,000万円

受講料

198,000円

動画視聴

圃場実習+オンライン講義+オンライン実践

キャンパス

zoom、Facebookページ(技術サポートあり)

日程

オンライン講義+オンライン実践(下記詳細)

備考

より実践的に理解を深めるため、オンライン実践の場をご用意!
講義内容はもちろん、自分の畑の悩みについて相談できます。
圃場実習日程(9時~12時 / 13時~16時)※総合コースのみの日程/天候次第で、土曜日や日曜日・祝日に振替がありえます。
  • Day 13/13
  • Day 23/20
  • Day 34/3
  • Day 44/24
  • Day 55/8
  • Day 65/22
  • Day 76/5
  • Day 86/26
  • Day 97/3
  • Day 107/24
  • Day 118/14
  • Day 129/11
  • Day 139/25
  • Day 1410/9
  • Day 1510/23
  • Day 1611/6
  • Day 1711/20
  • Day 1812/4
  • Day 1912/18
  • Day 201/8
  • Day 211/21
  • Day 222/19
オンライン講義(9時~12時 / 13時~16時)※総合コース・オンラインコース共通の日程
  • Day 13/6
  • Day 24/17
  • Day 35/15
  • Day 46/19
  • Day 57/17
  • Day 68/14
オンライン実践(16時~17時30分)※オンラインコースのみの日程
  • Day 13/20
  • Day 24/24
  • Day 35/22
  • Day 46/26
  • Day 57/24
  • Day 68/21

特典

【1】 いつでも農業を体験できる!
平日、無料で農作業を体験することができます。いかす平塚圃場のリアルな日常を体験してください。
【2】 応援しあえる仲間ができる!
在校生・卒業生による畑の部活(ビール部、味噌部、キヌア部など)を応援しています。新しい部活の立ち上げも!
【3】 プロ農家への道が開ける!
新規就農の相談や紹介を実施。卒業後はもちろん、在校時からいかすの農業研修生として研修を受けることも可能です。
※卒業生は、株式会社いかすの宅配事業や卸事業などの提携農家に優先的に登録することができます。

圃場実習
カリキュラム

総合コースのみ
畑の観察を通じて、土地の生態系はもちろん、オーガニック農業に必須の本質的な基礎知識・基礎技術を学びます。
学習した理論を前提に、さまざまな場面で自ら考え、五感をフル活用して学ぶことで、農家としての”勘所”をつかむことができます。
【 講座カリキュラム例 】
・栽培技術:春・夏・秋・冬とそれぞれのタイミングで、育苗・定植・管理・栽培・収穫等、実習と解説
・農業技術:道具(クワ・Qホー・三角ホー・レーキなど)や機械(トラクター・管理機・草刈機・マルチャーなど)の使い方なども実習・解説

オンライン講義
カリキュラム

総合コース
オンラインコース
共通
【 概論 】オーガニック概論・農業生物学(作物の起源と歴史)
【 土壌 】①土壌の基礎 ②土づくり・育土 ③土壌診断の活用 ④微生物・土壌動物
【 栽培概論 】①植物生理 ②自家採種・育種 ③多様性管理 ④育苗
【 作物各論 】①果菜類 ②葉菜類 ③根菜類 ④コンパニオンプランツ・緑肥 ⑤貯蔵
【 栽培技術 】①連作・輪作 ②病害虫管理 ③草の管理 ④堆肥・有機質肥料の利用
【 就農準備 】①圃場設計 ②作付計画 ③近隣農家・行政とのコミュニケーション

オーガニック野菜
作りの基本

美しく、きれいで美味しい野菜が育つ時には、不思議と虫や病気が発生しません。
土壌生態系を構成する多様な生き物たちのバランスが保たれた田畑では、忌み嫌われ、防除の対象になる病害虫も、作物に壊滅的な被害を及ぼすことはありません。
彼らもまた、その場を構成する大切な一員なのです。
その前提として、作物自身が健康で病害虫に負けない強さを身につけている必要があります。
土壌や作物の起源と歴史に学び、土壌と作物の織り成す循環の物語が豊かにつながっていくように、必要なタイミングで人が関わることにより、より美しく美味しい作物たちが育ちます。
つまり、人の役割は、作物や土壌が豊かに育っていくために、必要なケアをしていくこと。私たちは自然のケアテイカーなのです。
このスクールでは、そんなすべてがつながり合って美しい世界を成り立たせるための具体的かつ本質的な知識と技術を学び、仮説検証していきます。

日本のオーガニックを
変えたい

有機農業の生産技術を確立するために、多くの先達が試行錯誤されてきました。
人の数、畑の数だけ農法がある、と言っても過言ではありません。
とはいえ、オーガニックだからといって、味や生産量にばらつきがあると、お店に並ぶ機会は増えないし、流通量が少ないと値段は高くなります。
サステナブル・アグリカルチャー・スクールは、私たちがこれまでに培ってきた「オーガニック野菜を安定してつくる技術と知識」を余すところなく伝え、実践する農の学び場です。
また、運営母体のいかすは、地産地消や地域流通のモデル作りにも取り組んでいます。
ぜひ私たちと一緒に、地域に、日本に、そして世界に「be organic」な選択肢を増やしましょう!

説明会に申し込む

こんな方々に最適なスクールです

スクール卒業生の生の声

スクール日記はこちら

講師からの
メッセージ

オーガニック農業をしたいと思っても、単に、化学肥料の代替として有機肥料や堆肥を使おうという短絡的な発想では、虫や病気と縁が切れず、低収量、低品質に留まってしまいます。
オーガニック農業で秀品率を上げるには、土壌の起源と進化の歴史、作物の起源と品種として形成されてきた歴史をふまえて、土壌や環境を育て整えること。
そして、目の前の土壌生態系と気候・環境条件に最適な作物に最適な栽培技術を駆使することが必要です。
集中豪雨や風などより厳しい気象にも対応できるレジリエンス力のある土壌生態系を育てあげ、美味しくて栄養価が高く、安心・安全で美しい野菜を高収量で出荷できる。
「地球と人に優しい農家」=「アースケアテイカー」の仲間が増えていくことがとても嬉しいです。

内田達也(株式会社いかす/アースケアテイカー)

有機農業・自然農法・自然農・自然栽培・炭素循環農法・パーマカルチャー・バイオダイナミック農法・慣行農業など様々な農法を取り入れ実践。農家へのコンサルティング・研修多数。20代は、人材紹介や環境関連のベンチャー企業に勤めた後、自然農法開発センターで育種の研修生として経験を積む。有機農業の研修後、農業法人の理事として10ヘクタールの畑を多品種・多品目の生産責任者として8年間、計画・実行。実証圃場、実験圃場、育種圃場をつくり、科学的な検証を行いながら農業を実践。現在は、株式会社いかすで生産・農家サポート業務を担当。現代農業2019年10月号「連作は究極の栽培技術だ!」の寄稿など、さまざまな雑誌、新聞などに取り上げられている。また、「アースケアテイカー内田達也のブログ」をいかすホームページにて連載中。

主催:湘南オーガニック協議会

オーガニックタウン構想を湘南地域で推進。「暮らしやすい・働きやすい・学びやすい街」づくりを市民参加型で実現します。地域での地産地消・オーガニック率5%を目標に、生産・流通・消費の課題を解決する試みを試行錯誤中。団体・個人が参加して協力しながら日々チャレンジしています。

運営:株式会社いかす

「be organic」をテーマに、世界がもっと、つながって、もっと、楽しくなることを、みんなに⼤切な「農と⾷」からアプローチしています。⽇本中に世界中に美味しいオーガニックが広がっていきますように!つくって、どとけて、たべて、あそぶ、そして、つながる物語。

お申込みフォーム

お申込み内容

参加者情報

ご質問・ご要望

“be organic.”な世界、
共に創りましょう。

お問い合わせ