iCas

menu

あなたの手で、日本の農業の未来を創る。

 

未来を創る新しい農業を学ぶ

サステナブル・アグリカルチャー・スクール

有機農業の割合が0.6%の日本の現状を見据え、美味しい・安心・栄養が豊富な、
オーガニック野菜を作れる「革新的な農業技術」を伝え、人にも自然にも優しい農業を広めています。

 

今すぐ申し込む

20193月期年間コース入学生募集中

まずはお気軽に説明会へご参加ください
【湘南平塚にて説明会開催】

  • 11/11
  • 12/9
  • 1/20
  • 2/17
  • 3/10

時間

12:30〜14:30※畑見学まで行くと16:30頃終了予定

東京から約1時間の湘南で、
革新的な技術を学び、
地球・未来・仲間とつながる

自然や人に優しい農業を仕事にしたい。美味しくて安全な食を届けたい。

そう志しても、「オーガニック農家」を諦めてしまう人も多い日本の現状。
長時間労働による疲弊・安定した収入を見込めない・迷った時に相談できる指導者がいないなど、
新規就農者の多くの悩みは、「圧倒的な技術力」不足に起因しています。

自然栽培や有機農業について体系的な知識や技術を
包括的に学べる機会が圧倒的に少ない日本の現状を打破したい。
その想いで、サステナブル・アグリカルチャー・スクールを開校しました。

本スクールでは、私たちがこれまで培ってきた知識と技術の学び場を提供し、
地域の未来を一緒に創れる仲間を増やしています。

東京から約1時間、都内からもアクセスのいい湘南平塚の畑で、
週末の時間を過ごしながら、四季折々に経験を積み、自然にも人にも優しい農業を学ぶ。
あなたの未来、地域の未来、地球の未来を創る、そんな取り組みにあなたも参加してみませんか?

株式会社いかす/アースケアテイカー

内田 達也( Tastuya Uchida )

「サステナブル・アグリカルチャー・スクール」2期(年間コース)概要

有機農業に必要な栽培・植物・土壌・生態系の体系的な知識と技術、機械の使い方などの実践方法を習得。
講義と実習をバランスよく全般的に学びたい方向け。

受講期間

2019年3月〜2020年2月(年間コース)

募集人数

12名

総受講時間

144時間(ほぼ月3回土曜日実施)
圃場実習 : 9時〜12時(85分×68コマ=約96時間)
講義 : 13時〜16時(85分×34コマ=約48時間)

※前半の半年間が圃場実習と講義、後半の半年間は圃場実習のみとなります。※天候や作業内容によって、実習と講義の時間が入れ替わる場合があります。

特典

check
  • 【1】後半半年間の講義(前半半年間と同じ内容です)に無料で参加可能。復習や欠席時の補講としてご利用ください。
  • 【2】全講義・全実習、動画配信。復習や欠席時のキャッチアップに便利です。(facebookへの登録利用が必要となります)
  • 【3】平日に圃場実習あり。希望者は追加費用なしで参加できます。
  • 【4】いかす平塚圃場の一部スペースを在校生・卒業生が自由に使える圃場として無料開放しています。在校生・卒業生が実践現場として利用できます。
  • 【5】農業研修生としての登録が可能です。新規就農の相談や紹介も実施しています。
  • 【6】卒業生は、株式会社いかすの宅配事業やレストラン事業の提携農家に優先的に登録することができます。

入学金

30,000円(税抜)

受講料

270,000円(税抜)  2018年年内は早割3万円引き

キャンパス

いかす平塚圃場(平塚駅からバス17分・バス停から徒歩4分)

日程

Day1
3/23
Day2
3/30
Day3
4/6
Day4
4/13
Day5
4/20
Day6
5/11
Day7
5/18
Day8
5/25
Day9
6/1
Day10
6/22
Day11
6/29
Day12
7/6
Day13
7/20
Day14
7/27
Day15
8/3
Day16
8/17
Day17
6/24
Day18
9/7
Day19
9/14
Day20
9/28
Day21
10/5
Day22
10/19
Day23
10/26
Day24
11/9
Day25
11/16
Day26
11/23
Day27
12/7
Day28
12/14
Day29
12/21
Day30
1/11
Day31
1/18
Day32
1/25
Day33
2/22
Day34
2/29

※全日程:9:00〜16:00(Day1〜Day17とDay18〜Day34の午後の講義は同内容です・希望者は、両方の講義に参加することが可能です)


カリキュラム

check
【 概論 】オーガニック概論・農業生物学
【 栽培概論 】①基盤整備 ②育土 ③栽培 ④多様性管理
【 土壌生態系 】①土壌肥料学(堆肥・有機質肥料) ②土壌診断の活用 ③微生物・動物
【 作物 】①植物生理学 ②植物栄養学 ③育種 ④育苗
【 作物各論 】①果菜類 ②葉菜類 ③根菜類 ④その他
【 栽培技術 】①果菜類 ②葉菜類 ③根菜類 ④その他
【 管理・技術 】①貯蔵 ②機械の使い方(トラクター・管理機・草刈り機・マルチャー) ③道具の使い方(クワ・三角ホー・Qホー他)
【 コミュニケーション 】近隣農家とのコミュニケーション、マナー、行政とのコミュニケーション

前半(春・夏野菜)・後半(秋・冬野菜)それぞれ半年間で、土作り・播種・育苗・定植・管理・栽培技術・収穫等、実習と解説を実施します。つまり前半の半年間だけでも、オーガニック農業に必須の基礎知識と基礎技術は全て学ぶことが可能です。後半の半年間は、野菜の種類や土・機構への関わり方が季節によって変わっていきます。通年を通し参加することで野菜の生育全体を見て体験し、基盤となる理論を落とし込み様々な場面でも自ら考え実践できるようになっていきます。

オーガニック野菜
作りの基本

ところで、なぜ野菜の栽培に農薬が必要なのでしょう?それは⾍が野菜を⾷べてしまうから。
では、なぜ⾍が野菜を⾷べてしまうのでしょう?それは、野菜が弱っているから。
もしくは、肥料のやりすぎでメタボな野菜になってしまっているから。
つまり、野菜が健康に育っていないと、その野菜を狙って⾍が集まってくるのです。それが⾃然のルールです。
では、野菜が健康に育つには何が必要か?それは、⼟、⼩さな⽣き物や微⽣物、空気、⾵、太陽…など、さまざまな⾃然の循環。そして、それらの循環を整える⼈間の⼿助け。

私たちのスクールでお伝えしている野菜づくりは、⾃然の循環を尊重し、⾜りないところを⼈間の⼿で少し後押しする、そんな姿勢の農業です。
だから、農薬を使う必要がありません。肥料もほとんど使いません。
その結果、できる野菜は綺麗で美味しい。そして、栄養価も⾼い。カラダにいい、ココロも喜ぶ、地球にも優しい野菜、それが、私たちが広めているオーガニック野菜です。

 

日本のオーガニックを
変えたい

実は、残念ながらこれまでは、オーガニック野菜をつくる技術が安定してなかったため、
⽣産量も味も安定しているとは⾔えませんでした。
⽣産量が少なければ、お店に並ぶ機会は増えません。
量が少ないから値段も⾼い。
味にばらつきがあれば、美味しくないと感じるのも当然です。
これは、とても残念なスパイラルです。

サステナブルアグリカルチャースクールでは、
私たちが培ってきた技術をお伝えし、
美味しいオーガニック野菜を安定してつくれる生産者の仲間を増やします。
安定した生産とオーガニック野菜が地域で流通するモデル作りに取り組み、
各地域や日本、世界で「be organic」な選択肢を増やします。

今すぐ申し込む

こんな方々に最適なスクールです

 

講師からの
メッセージ

オーガニック農業をしたいと思っても、単に、化学肥料の代替として有機肥料や堆肥を使おうという短絡的な発想では、虫や病気と縁が切れず、低収量、低品質に止まってしまいます。
オーガニック農業で秀品率を上げるには、土壌の起源と進化の歴史、作物の起源と品種として形成されてきた歴史をふまえて、土壌や環境を育て整えること。
そして、目の前の土壌生態系と気候・環境条件に最適な作物に最適な栽培技術を駆使することで実現できます。
集中豪雨や風などより厳しい気象にも対応できるレジリエンス力のある土壌生態系を育てあげ、おいしくて栄養価が高く、安心・安全で美しい野菜を高収量で出荷できる「地球と人に優しい農家」=「アースケアテイカー」として、仲間が増えていくことがとても嬉しいです。
ココロも喜ぶ、地球にも優しい野菜、それが、私たちが広めているオーガニック野菜です。

内田達也(株式会社いかす/アースケアテイカー)

有機農業・自然農法・自然農・自然栽培・炭素循環農法・パーマカルチャー・バイオダイナミック農法・慣行農業など様々な農法を取り入れ実践。農家へのコンサルティング・研修多数。20代は、人材紹介や環境関連のベンチャー企業に勤めた後、自然農法開発センターで育種の研修生として経験を積む。有機農業の研修後、農業法人の理事として10ヘクタールの畑を多品種・多品目の生産責任者として8年間、計画・実行。実証圃場、実験圃場、育種圃場をつくり、科学的な検証を行いながら農業を実践。現在は、株式会社いかすで生産・農家サポート業務を担当。

主催:湘南オーガニック協議会

オーガニックタウン化構想を湘南地域で推進。「暮らしやすい・働きやすい・学びやすい街」づくりを市民参加型で実現します。地域での地産地消・オーガニック率5%を目標に、生産・流通・消費の課題を解決する試みを試行錯誤中。団体・個人が参加して協力しながら日々チャレンジしています。

運営:株式会社いかす

「be organic」をテーマに、世界がもっと、つながって、もっと、楽しくなることを、みんなに⼤切な「農と⾷」からアプローチしています。⽇本中に世界中に美味しいオーガニックが広がっていきますように!つくって、どとけて、たべて、あそぶ、そして、つながる物語。

お申込みフォーム

お申込み内容

参加者情報

ご質問・ご要望