iCas

iCas

\SAS4期スクール日記・DAY15・8月1日開催/

SAS日記

2020.8.6(木)

Day15  8/1開催

やっと梅雨が明けました

今日は、朝から天気が良く

楽しい圃場実習となりました

今日の実習は

①冬野菜の播種(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー)

②人参の播種

③4期生の発表

です

①冬野菜の播種(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー)

冬野菜の播種、7/18に続いて、2回目になります

収穫時期をずらすため、播種時期をずらします

また、時期に合わせた品種にします

播種実習は、前回もやっているので、復習も兼ねて

 

②人参の播種

午後は、土沢圃場に移動して

人参の播種です

4週間程、透明ビニールマルチを施用し太陽熱処理した畝に播種

太陽熱処理をすることで、土壌の物理性の改善(団粒化)、雑草の抑制等ができます

透明マルチを播種前日に、

真ん中で切り、畝間を覆う様にめくります

透明マルチの中は、嫌気状態になっていてガスが溜まっています

開けた当日に播種すると、ガスが悪さして根痛みの障害が起きます

障害が起こらない様、マルチを前日に開け、ガス抜きをしておきま

また、切ったマルチで畝間を覆うことで、畝間の雑草抑制ができま

播種は、クリーンシーダという播種機を使って

その後、足で踏んで点圧します

点圧することで、地中の毛管水を引き上げることができます

点圧後、籾殻で保湿し、さらに被覆材を掛け保湿効果を高めます

人参は発芽が命

発芽には水分が欠かせないんです

来月には、発芽しているはず

楽しみですね

久しぶりの圃場での実習

あっという間に終わってしまいました

また、今回はランチタイムに

4期生の発表、また3期生で4月から関西で研修しているメンバーからの体験談

それぞれ熱い思いが伝わってきました

みんな畑に癒され、パワーをもらっている様に感じました

 

“be organic.”な世界、
共に創りましょう。

お問い合わせ