iCas

menu

\SAS4期 Day5 4月25日・外出自粛縮小版/

SAS日記

2020.5.3(日)

外出自粛要請に伴い、スクールも休校していますが、季節は刻一刻と移り変わり、植物の成長は待ってくれません。夏野菜の準備など、作業は忙しく日々続いています。

と言うわけで、今日は「作業のお手伝い」という大義名分のもと、人数を限り、適切な距離を保って進めていきました。

 

ナス、ピーマンの鉢上げ

根鉢にしっかりと潅水をして9㎝ポットに鉢上げ、ナス科は少し高めに植えて土はかけないようにしていくと胚軸の周りが緑化していき強い鷲根がでてきます。

 

インゲン豆の播種

6㎝ポットに2粒まき、指の第一関節ぐらいまで押し込み覆土。

 

オクラの播種

7.5㎝ポットに5粒まきで五芒星に形にまきます。5粒まきの理由は発芽率があまり良くないのと密植させてあまり高く伸びないようにするのが目的です。

 

白菜、キャベツ畑の除草

この畝では緑肥の燕麦を育てていました。その緑肥を鋤き込んだ後の定植だったのですが、緑肥が分解するときに出る有機酸に反応して、雑草の種が、発芽フラッシュ(一斉に発芽すること)を起こしたため、除草をしました。

 

朝9時から夕方5時までのあっという間でした。

それぞれの近況を話しながら良い気晴らしになったのではないかと思います。

それにしても、やっぱり土は気持ちいい!吹く風も気持ちいい!

みんなが気兼ねなく畑に来れる日を待ち望んでいます。