iCas

iCas

【野菜嫌いな方へ】

一度、”いかす”の野菜を食べてみてほしい。
まあ、”いかす”の野菜じゃなくても、もちろんよいのです。

この投稿をInstagramで見る

白土 卓志(@zebre0530)がシェアした投稿


僕たち人は、野菜を食べることで、
ビタミン・ミネラルをとる
そして、
食物繊維をとる
ということをしている。

これは、カラダとココロが整うのに必要なこと。

ビタミン・ミネラルは自律神経が整うのに必要
自分で自分を守るのに、ビタミン・ミネラルが必須

食物繊維は、腸の微生物たちのエサ
微生物たちはエサがなければ、元気じゃなくなる。

なんとなく、
野菜を食べたほうがいいことはわかっていても、
野菜を洗ってカットして料理するのが面倒だったり、
厚生労働省おススメの1日350gたべるのはかなりの量だったり、
気が付くと冷蔵庫の奥で腐っていて嫌な気分になったり、、、
などなど、いろいろ手が出にくい理由があると思うのです。

そこで、僕たちのお野菜なんですww
生で美味しい野菜だから、超簡単調理で食べれちゃう!
美味しくて高栄養価だから、ちょっと食べるのでOK!
腐りづらいので、冷蔵庫で眠らせてしまっても大丈夫!

ちょっと食べだすと、カラダとココロが戻ってくるのがわかる。
試してみてほしいなあ。

風邪をひいたり、健康を害すると、健康の大切さが身に染みます。

ちなみに、まったく野菜を食べてなかった人は、野菜を食べだしてから整うのに少し時間がかかったりします。それは、食物繊維をたべる微生物たちが腸に少ないためです。そもそも、野菜をたべていないので、微生物たちが腸にいる必要がないわけです。必要がないものは存在しないわけです。
でも、命とは不思議なもので、そこにエサがあると、それを食べるものが集まってきます。

これは、梅雨の時期のコバエも一緒ですねww
そして、畑も一緒。
もちろん、人の腸も一緒。
なんたって、すべて、命のルールだから。

というわけで、みなさん、野菜たべましょー!

ちなみに、わたくし、ここ数年、まったく風邪っぽいものになっていません。


“be organic.”な世界、
共に創りましょう。

お問い合わせ