iCas

iCas

畑日記 No.27 大雨時行

畑日記

2020.8.3(月)

畑日記 No.27
 
七十二候では
大雨時行(たいうときどきふる)
夕立などの大雨が降る頃
むくむくと湧き上がる入道雲が
夕立になり、乾いた大地を潤す
 
夕立は夏の季語で
夏の暑い日の夕方、
突然降るにわか雨のこと
 
やっと梅雨が明けて
また、雨?って感じですが
 
野菜たちには、大地を潤す雨が大事
 
 
畑では
秋冬人参の播種
発芽には適度な水分が必要
種を播いた後に籾殻で保湿
 
きゅうりもまだまだ元気
 
 
オクラも順調
 
夏到来
太陽の日差し浴びながら
野菜で潤いましょう😊
 
 

“be organic.”な世界、
共に創りましょう。

お問い合わせ