iCas

iCas

畑日記 No.11 清明

畑日記

2020.4.10(金)

畑日記 No.11

 

二十四節気 清明

すべてのものが清らかで

生き生きとする頃です。

 

七十二候では鴻雁北(こうがんかえる)

燕が渡来し、入れ替わりに、雁が北へ帰っていく頃

雁は夏場をシベリアで、冬は日本で過ごす渡り鳥

 

昔から日本人は、雁の行き来に

趣や季節の移り変わりを感じていたようです。

 

畑も春になり、どんどん忙しくなります。

キャベツ苗の双葉が落ち、いよいよ、畑に定植

6月頃に収穫できると思います。

 

夏に向けて、ウリ科の播種も(きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニ)

収穫では春の短い時期にしか味わえない葉玉ねぎの収穫。

 

 

 

また、春大根、葉ニンニクも収穫されてます。

 

生き生きした野菜、召し上がってください。


“be organic.”な世界、
共に創りましょう。

お問い合わせ