iCas

iCas

畑日記 No.10 雷乃発声

畑日記

2020.4.3(金)

畑日記 No.10

 

七十二候では、雷乃発声

(かみなりすなわちこえをはっす)

春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃

 

強い風とともに雷が鳴りはじめる季節ですが、

春の嵐は春の訪れを告げるめでたいもの。

季節が一歩一歩前へ進んでいるということですね😊

 

畑でも、苗が一歩一歩前へ進んでいます。

 

 

 

育苗ハウスの白菜が畑へお引越し

その前に、しっかり水分補給。

しっかり水に浸し、取り出し

苗全体に水が行き渡るまで

2時間ほど置いて、畑に定植します。

 

 

キャベツの苗もしっかり育ってます。

こちらは、もう少しハウスで

苗を老化させて 強くしてからの定植になります。

 

 

前に植えたじゃがいもの芽も出てきました。

 

これからの成長

ワクワクしますね。


“be organic.”な世界、
共に創りましょう。

お問い合わせ