iCas

menu

【予告】10〜12月のシェフの食材探訪

【予告】

10月〜12月のシェフの食材探訪は、

「京都&鹿児島編」になります。

今回の旅で、シェフが出逢った人々、食材、それら全てを活かしたお料理を、ご紹介します。

「京湯葉」

まず、始めに訪れたのは、私の故郷である京都の

京湯葉専門店の「ゆば庄」さん。

こちらからは、「汲み上げ生湯葉」をチョイス。

パスタにて、使用の予定をしています。

 

 

「宇治抹茶」「京丹波黒豆」「京丹波栗」
そして、宇治へと移動。私に同行してくれた、幼馴染の知人が利き抹茶師として勤める、中村藤吉本店を訪問。
三種の宇治抹茶を味見させてもらい、最高のものをチョイス。本当に素晴らしい素材でした!
 
 
 
 
更に宇治から、車移動すること約2時間。
京都北部、福知山に足を運び、丹波黒豆、丹波栗を調達し、京都での探訪を終えました。
 
それから約2ヶ月をかけ、写真のようなデザートが、完成しました。
 

○中村藤吉”本店”宇治抹茶/丹波黒豆/丹波栗/

を使ったデザート。

 

*11月からは、デザートの抹茶の一品に合わせ、京都嵐山の長谷川 章一さんの器での提供を予定しています。
 
 
○鹿児島県産「黒豚」
実は京都への探訪の前に、鹿児島県を訪問。
こちらは、iCasのお客様の紹介で、実現したもの。
@川辺町のかきうちさん 
 
 
・パスタ料理では、100%黒豚挽肉と軟骨を使用し、たんじゅん野菜のタマネギの甘味を加えたソースに。
更に隠し味として、冒頭にて紹介をした、汲み上げ湯葉と豚骨スープで仕上げられた、ホワイトミートソースの提供を予定しています。
 
 
それでは、次回のメニューもお楽しみ下さい!