iCas

menu

【予告】1~3月のシェフの食材探訪

1月〜3月のシェフの食材探訪は、

「青森編」になります。

*コースによっては、福井県若狭の食材「へしこ」もお楽しみ頂けます。

今回青森県への探訪は青森県の観光企画課の方に案内していただき行って参りました。

まず、始めに向かったのは「長谷川自然牧場」さん。

豚と鶏を飼育しており、より自然に近くストレスをかけずに育て上げる。そして安心安全に提供するために拘りの発酵飼料を使ってます。

こちらでは前菜に「鶏」を調達しました。

 

次に向かったのは弘前市の「もりやま園」さん。

こちらは100年続くリンゴ園。

リンゴ以外にも摘果したリンゴから作ったシードルやその搾りかすや枝からキノコを作っております。

デザートにリンゴを使わせて頂きます。

 
 
青森行き部隊とは別に芝原は、福井県小浜市を訪問。
老舗、加福商店さんお手製の、若狭名物
「へしこ」を調達しました。
*へしこ・・・若狭の鯖の糠漬け。
 
 
 
1月からは、ご当地の伝統的なへしこの食べ方、お茶漬けを、iCas風にアレンジし、玄米と大根などを用いて、表現します。
 
鶏の前菜は濃厚なネギと鶏のダシと梅の風味でお楽しみ下さい。
 
器は、京都嵐山は嵯峨野の陶芸家、
「小陶苑」長谷川 章一氏による創作陶器を使用。
 
特徴としては、1枚1枚手作りをされている為、2つとして同じものはありません。 
りんごのコンポートとりんごのわらび餅を合わせた新感覚のデザート。