iCas

menu

開墾物語②(助っ人編)

畑de遊ぶ!

2017.7.1(土)

開墾物語 第二弾は、助っ人編です。

今回、借り受けたところが超耕作放棄地でしたので、たんじゅん野菜いかすの仲間に

協力をお願いして、進めていきました。みんな本当に感謝です!!

低木や傾斜地・機械の搬入口・通路をつくるためにユンボをいれました。主には、

低木などの伐根と整地のためです。

ユンボマスターの松崎さんがどんどん、伐根していきます

もともと果樹園なのと、傾斜地なので、でこぼこでトラクターが入りにくいところはユンボで整地。

湘南の山々をみながら、しばしお昼寝休憩してます

   

そもそも、いかすは、カヤを刈り倒すためのハンマーナイフも持ち合わせていなかったので、

仲間3人 3台のハンマーナイフを稼働させて、高いところは2メートル近く生い茂ったカヤや雑草を

粉砕していきました。

一色のクロヒョウ宮原さんがガンガン粉砕してくれてます

 

別の日にも仲間がお手伝い。

定番メンバーの黒ヒョウ宮原さん、

茅ケ崎で新規就農したりこちゃん

ぽんぽこファームの研修生の吉野さん、ビックマグナム じゅんぺい君も参戦

ハンマーナイフで刈り倒した後。

  

仕事を終えたハンマーナイフ君。たそがれ時に何をおもう

長年、耕作放棄していたために、たくさんのゴミが不法投棄されてました。

この日は、おくさんが、お手伝い

最終こんなにひろいました。バイクの椅子・ステレオ・自転車いろいろ捨ててありました。

捨てるほうも捨てるほうですが、荒れたところにはゴミを呼びますね。

これからは、綺麗にはたけをつかいます

   

息子もかった草を集めるふりして、チャンバラしてました(笑)お手伝い?ありがとう

 

こちらは、マキタロウという堆肥やチップをまく機械。

うち一日は、ぽんぽこ中村さん所有の

機械と一緒に作業。太郎と次郎そろいぶみの様子?

家を出るとき、「今日はなにするの?」と妻に聞かれて、

「太郎と散歩 予想10キロ!!」というのが、しばらく、我が家での朝の会話でした。

毎日、たくさん、太郎と散歩して堆肥やらチップをまいていきました。

  

こちらは、いかす所有の機械 トラクター30馬力 

カヤだけならまだしも、屑はユンボで一度どかしたにも関わらず、地中にはたくさんのくずの根。

ちょっと走るとトラクターに団子のように絡みつき。30メートルくらい走っては、からんだ根を鎌で切って、きれいにしていきます。ひどいと20分~30分切るのにかかる。なかなか、根気と忍耐のいる作業。

そんな時は・・・ルパンのテーマ曲を歌いながら作業「足もとに~からみ~つく~」

 ワルサーP38を鎌に持ち替えて・・・・。

  

ユンボマスター し~君登場。しばらく作業は進みませんが、心はなごみます(笑)