iCas

menu

肥料を使うと虫が出る?!

すべては仮説。

2015.11.10(火)

にわかに信じられないですよね。
野菜は肥料が作るもの、そう思っている人が多いと思います。
私もそう思っていました・・・(笑)


森を思い浮かべてください。
森で、虫食いだらけの葉っぱを見たことありますか?
ほとんど、見たことないはずです。
もちろん、まったくないわけではありませんが、ほとんど、虫食いはありません。
ちなみに、森では、肥料が入ることは、まずありません。


一方、農家さんは日々、お野菜をつくったり、お米をつくっているわけですが、
農薬を減らすと、一気に虫の餌食になることをよく知っています。
もちろん、畑には肥料を入れています。


そうなんです。
肥料と農薬はセットなんです。


そもそも、肥料ってなんでしょうか?
肥料は、窒素、リン酸、カリがメインですが、その中でも、圧倒的に多いのが、窒素です。
その窒素は硝酸態窒素、として植物に取り込まれます。
そして、なんとこの硝酸態窒素は、虫の大好物なんです。
なので、肥料をやると虫のエサになりやすいんです。

というか、肥料をあげて、虫の餌になる野菜を育てて、虫の餌になる前に、農薬で虫を殺してしまうんです。。。
そうしてできてきたお野菜が今、食べているお野菜かもしれません。

ちなみに、この硝酸態窒素。
人にとっては、多少なりとも毒です。

六本木にある某スーパーでは、「硝酸態窒素」の量が表示されていてビックリしたことがありますが、この話と近い話だと思われます。
そして、欧米では、硝酸態窒素の残留量は規制されています。残念ながら?日本では規制されていません。
というか、日本のお野菜は世界で一番肥料を使って作られているので、規制してしまうと、食べるものがなくなってしまう?!のかもしれません。


そんなことがわかってきたのは、最近のことです。
もちろん、肥料と農薬のセットが地球の多くの人間を支えてきた歴史もあるので、一概に悪いとは言えません。
ただ、そういうことがわかってきた、ということなんです。

そして、肥料と農薬を使わなくてもできる方法、というのも見えてきているというのも最近です。
もちろん、どんな土壌でも、肥料なく野菜ができるか、と言われるとそうではありません。
土壌に微生物があふれ、彼らが野菜と活かし合いをはじめないと野菜はできてきません。
そうなるためには、いろいろ準備が必要で、その方法が見えてきたのが最近です。

なので、これから、肥料や農薬を使わないで、いや、むしろ、使わないからこそ、できる野菜が世の中に溢れていくことになります(笑)

ちなみに、肥料・農薬を使わずにできてしまうお野菜は、栄養価も高くて、そして何よりも美味しい!!
ビックリなんですが、まずは、それを知ってほしいんです。


あっ、ちなみに、肥料を使っても自然のバランスがとれていれば、同じように美味しくて農薬を使わずにできることももちろんあります。
そんな「殺し」をしない(農薬を使わない・防除しない)お野菜が増えていくといいなあ、と思っています。